空調ベッド[KBT-S02]で熱帯夜でも快眠を。寝苦しい夏の夜“風眠”があなたを助けます!

夜寝苦しい夏の夜…。

「クーラーが嫌いだけど暑過ぎてもういや!」

「何かひんやりグッズは無いの?」

そんな困った時の強い味方、それが今日ご紹介する空調ベッドです。

空調ベッドとは

空調ベッドとはなんでしょうか。
送風ベッドとも呼ばれることで、ベッドに風が送られて涼しいベッドだと思われる方もいらっしゃいますが、少し違うんです。

空調ベッドは、マットと体の間に風の層を作る「スーパースペーサー(独自開発マット)」という世界初の技術が使われています。これにより、わずかに体を浮かした状態を保ち、体温で布団が温まって熱がこもる事はありません。

マットと体の間は約1cmほど。わずかな間隔でありながら、十分な送風を可能とした心地よい夢のようなベッド。

夏の夜の寝苦しさから解放されるという、新しい時代の暑さ対策ベッド、それが「空調ベッド」なのです。

生理クーラー理論を採用

生理クーラー理論とは、私たちが持っている自然に体を冷やす機能です。私たちは、暑い時に汗をかきます。その汗が乾いて蒸発するときに「放熱」します。まさにこの原理を生理クーラー理論といいます。

空調ベッドは体から出た汗を素早く乾かすことで、暑い夜でも発汗量を適量に抑え、快適な状態を保持することに成功しています。

「でも、ずっと送風していたら体が冷えすぎるんじゃないの?」

と思われる方もいるかと思います。

空調ベッドが体を冷やすアプローチは先述した通り「生理クーラー理論」を採用しているため、発汗量を最適に調節、常に室温に対してちょうどよい体温コントロールが行われます。

でも逆に、体温よりも室温の方が低い(差が激しい)部屋や、クーラーで温度が下がっている状態のお部屋で空調ベッドを使用した場合は、当然ながら体の温度が奪われてしまうため、これは「冷え」につながってしまいます。

室温が体温よりも高くなった時に、発汗量をコントロールし、快適な状態を保つ、と考えて下さい。

空調ベッドのスペック

【商品名】空調ベッド

【サイズ】本体:横92×縦200cm

【梱包サイズ】奥行111×幅21.5×高さ23cm

【重量】本体:3kg

【詳細】
○送風量:(強)368L/分 (中)318L/分(弱)220L/分
○電源 :AC100Vから240V
○消費電力:4.5W

【保証】
購入後1年間

【コントローラー】
コントローラーにより強・中・弱の風量切り替え。
タイマー機能で動作時間を1H・2H・4H・8Hと設定できます。
外寸 12×6.5×2cm
重量 150g
ケーブル長さ 255cm

【注意事項】
・商品注文後のキャンセル、サイズ違い、イメージ違い、その他お客様のご都合による返品・交換はできません。

【問い合わせ先】
株式会社空調服サービスセンター
TEL:0570-00-9229
営業時間:平日9:30~17:00

空調ベッドの利用シーン

  • クーラーを使いたくない人の暑さ対策
  • 寝汗をたくさんかいてしまう人の発汗コントロールに
  • おとうさんの汗対策
  • 熱帯夜を快適に過ごす為に
  • 高齢者に多い夜間の熱中症対策に
  • サラサラの肌で快適な夜を過ごしたい方に
空調ベッドは以上の様な方に特におすすめ!寝苦しい夏の夜の強~い味方になること間違いなし!です。

暑さ解消グッズ5選

熱帯や対策には空調ベッドがおすすめですが、ほかにも暑さ対策に便利な製品をご紹介いたします。

一流メーカーTEMPURのひんやりマット 冷感敷パッド!

商品名

価格:価格円(税込)
販売状況:販売状況
出荷目安:出荷目安

>>詳細はこちら

ひんやり!冷感ジェルマット 気持ちい~い

商品名

価格:価格円(税込)
販売状況:販売状況
出荷目安:出荷目安

>>詳細はこちら

1時間あたり約1.5円の経済的ミストスタンド!
お子様も喜ぶエコな「ひんやりシャワー」

商品名

価格:価格円(税込)
販売状況:販売状況
出荷目安:出荷目安

>>詳細はこちら

人が集まるイベントや不測の事態に備えた救急セット

商品名

価格:価格円(税込)
販売状況:販売状況
出荷目安:出荷目安

>>詳細はこちら

熱中症と予防

暑さに強い人、暑さはとにかく苦手な人。体質や体格、環境などによりいろいろです。
普段は暑さに強い人であっても、少し疲れぎみだったり、汗をかき過ぎてしまった時などは体調を崩しやすいので要注意です。お気を付けください。

身近な対策としては、こまめな水分補給があります。これは水をどんどん飲めば良いと言うわけではなく、一度に飲む量は100ml前後が丁度良いと言われています。

100mlはコップで半分ぐらいですので、少し飲み足りないかもしれません。ですが一度にたくさんの水を飲むことで内臓を冷やして負担をかけないようにすることが大切です。1時間おきにこのぐらいの量を飲むと、体が脱水症状を起こしにくく、暑い時でも熱中症になりにくいと言われています。

またひんやりグッズと呼ばれるものがたくさん出回っていますね。首に巻くタイプのもの、サンバイザーや日傘などで強い日差しを遮断するのも効果的です。

ワイドタイプのサンバイザー!つば全長:約16cm

商品名

価格:価格円(税込)
販売状況:販売状況
出荷目安:出荷目安

>>詳細はこちら

テイジン ナノフロント使用 遮熱パラソル(晴雨兼用傘)

商品名

価格:価格円(税込)
販売状況:販売状況
出荷目安:出荷目安

>>詳細はこちら


できるだけ日陰に入るという簡単な方法も意外に効果的です。強い日差しを浴びることで体が熱を持ちます。これはある程度の時間熱を持ち続けることになりますので、疲労と発汗につながります。

また小さなお子様は、アスファルトとの距離が近いため熱中症になりやすいと言われています。子供がよく汗をかくのは、暑くなったアスファルトの照り返しによるものも多いのかもしれません。

水分は水よりもスポーツドリンクタイプのものの方が吸収が良いとされています。ある程度の糖分が必要なのかもしれません。
暑い夏、熱帯夜、毎年暑さには悩まされますができるだけ快適に過ごしたいですよね。

今日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントは受け付けていません。