栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」が選ばれる理由

こんにちは^^
現代人は野菜不足に陥りがちといいますが、一方で健康志向が強い方も多いのではないでしょうか。

ランチをコンビニ食で済ませるという人も、サラダは必ず買うようにするとか、野菜スープを摂るようにするとか、対策されている方が多いように思います。

バイヤーもそれを知っているようで、野菜の価格は周りのものと比べて比較的高めの設定ですよね。少し高くても売れるということを知っているようです。本来ならば、健康に必要だと思われるものこそ、皆が買いやすい価格であるべきだと思うのですが。

厚生労働省が良いとしている成人の1日の野菜摂取量は350gといいますが、この量の野菜を毎日摂取することは意識しないとまず無理でしょう。お金もかかるので、結局若い人や経済的に少し苦しい方はますます野菜不足になりやすい傾向です。

日常生活においてもこのようなシーンが多いとされていますが、これが緊急時の避難生活などの場合はどうなるでしょうか?
物資の流通が乱れた状況において、水分が多く劣化しやすい野菜をたくさん配給することはなかなかハードルが高いでしょうか。ますます野菜になりがちだと思います。

しかし避難生活では普段の生活が一変してしまうため、ストレスも多くなります。野菜を摂ることで必要な栄養を摂取し、ストレスの緩和などにもつなげていきたいところ。

そこで今回は、いつでも気軽に摂取できる、乾燥野菜をご紹介いたします。

栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」とは


乾燥野菜とは、文字通り「乾燥させた野菜」のことです。水分を取ることで腐敗しにくい状態となったり、乾燥させる工程で糖度や栄養が増える野菜もあります。また、乾燥することで全体量が少なくなる分栄養も凝縮します。

乾燥させる工程は、天日干しであったり、工場を使用したフリーズドライなどいろいろな手法があります。いずれにしても、長期保存させるために「乾燥」させることは大きなポイントとなります。

さて、今回紹介するのは【栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」】というもの。この製品は以下のような特徴を持っています。

  • 砂糖や食塩など不使用。
  • 油や添加剤を不使用の体に良い自然志向の乾燥野菜です
  • 腐敗による食中毒の心配がないため、暑い夏でも安心して食べられます
  • 調理済みの状態でパッキングされているため、開けたらすぐに食べられます
  • 個食包装なので、使いやすい。また、食器も不要です。
  • 軽く、コンパクトなので持ち運びが非常に便利
  • 使用しているのは国産野菜のみ。体に優しいんです。
  • 低温蒸気加工という製法です。これにより、野菜の持つ『食物酵素』を生きたまま凝縮しています!

災害時に不足しがちな栄養

避難生活や災害時では必要最低限の物資によるため、食事の面では野菜不足が否めません。困ったときに配給された食事はありがたいものですが、物理的に不足しやすいところです。

避難所ではおにぎりやお弁当などの配給や、場合によっては炊き出しがあったり…というシーンが多いと思います。こうしたときに、少しでも非常食を持っていると、配られた食事にバリエーションを加えることができます。

  • 即席のスープにパッパッと乾燥野菜を振りかけて!
  • お弁当のごはんの部分にふりかけとして!
  • みそ汁の具材として。
  • カレーに混ぜて野菜アップ。
  • おかゆにかけて雑炊風に。

このように、【栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」】は、水分のある食材にプラスすることで簡単に野菜のボリュームを増やすことができます。今回、非常時の野菜不足に向けてご紹介していますが、日常生活の野菜不足対策としても非常に使いやすく、便利です!

日常生活で「乾燥野菜」利用例

【栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」】は非常時だけでなく、日常生活においても使い勝手が良いためおすすめです。水分のある食材にササッと振りかけるだけで簡単なため、高齢の方にも気軽にご利用いただけます。

できるだけ荷物を重たくしたくないアウトドアのシーンにも最適です。登山や長距離の移動などでも重宝されると思います。
とにかく手軽に簡単に野菜が摂取できるところがこの商品のポイントですが、それだけではありません。

  • 使用野菜はすべて国産
  • ミックス野菜のためバランスが良い
  • 軽量なのでかさ張らない
  • 高齢者の一人暮らしの備蓄にも最適
  • 生野菜が苦手な方にもおすすめ
  • お料理での具材として
  • 生きた食物酵素の摂取が可能
  • 乾燥しているため腐敗なく長期に保存可能
  • 1パックで1日に必要な野菜の摂取量(約350g~400g)の半分が摂取できる!

このようにたくさんのメリットが!
だから、非常食として、日常生活の食料品としても備蓄用に最適なんですね!

栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」製品情報

【栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」】の製品情報を簡単にご紹介いたします。また、この商品は『大阪ほんわかテレビ』内「仁鶴の話のネタ」(大阪読売テレビ)でメディア紹介もされています。

  • 使用野菜:ダイコン、ニンジン、タマネギ、ブロッコリー、トマト、ヤーコン ※すべて国産野菜
  • 使用方法:そのまま使えます!
  • 販売元:株式会社ハンズ・フーズ・ジャパン
  • 保存期間:ご購入から5年間
  • 保存方法:直射日光、高温多湿を避けた場所で保管して下さい。開封後はチャック部分をしっかり閉め、3カ月を目処にお召し上がり下さい。

栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」通販

長期5年間保存可能な乾燥野菜、大変に便利ですので、そのポイントをご紹介させていただきました。

非常食に限らず、トレッキング食としても注目されています。また、ダイエット食や介護食、旅行時の野菜補助など、多彩なシーンでご利用いただけるという優れものです。

1パックで1日に必要な野菜の摂取量(約350g~400g)の半分が摂取できるという点も素晴らしく、野菜嫌いの方でもお料理に混ぜて簡単に食べる機会が増えますね!

この商品についての更に詳しい情報や、通販情報はこちらです。

【栄養そのまま凝縮保存食「乾燥野菜」】の通販情報

株式会社ハンズ・フーズ・ジャパン
2010年2月21日、『大阪ほんわかテレビ』内「仁鶴の話のネタ」(大阪読売テレビ)で紹介されました!

コメントは受け付けていません。