レンデフロールの寿命はどのくらい?着色なしの自然なドライフラワーの魅力とは。

こんにちは^^

皆さんはお花が好きですか?「花は好きだけど、すぐに枯らしてしまう」「自分ではなかなか買わない」「高価なので手が出ない」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、ドライフラワー「レンデフロール」の魅力についてご紹介いたします。

レンデフロールのおすすめポイント

レンデフロールはアレンジドライフラワーですが、プリザーブドフラワーと違い、花に着色加工を一切行っておりません。

ですから、花が持つ自然本来の美しさが再現されているところが大きな魅力と言えるでしょう。

レンデフロールは「ここ一番」の大切なシーンのギフトのほか、プチイベントやお祝いなどの贈呈品としてもぴったり。

価格帯に幅を持たせているため、ゴージャスでもプチでも、シーンに合わせて商品を選択することができるんです。

因みに、プチタイプでは税込5,000円以下で、ゴージャスタイプでは3万円以上のご用意をしております。

小さなタイプのものだからといって、品質は全て揃えています。国内生産により、職人がひとつひとつの制作を心をこめて行っております。

レンデフロールは高い?1日当たりのコスパは?

ギフトとして用意する場合は、予算もあります。やはり価格面はポイントになりますよね。

レンデフロールでもお手頃で人気の商品「【ドライフラワー】レンデフロール アレンジフラワー(バラ・かすみ草) 」を例にとって、どのくらいのコスパになるのかというと…。

この商品の価格相場は5000円前後ですから、レンデフロールの寿命は約10年間なので、10年で割ってみると、1年間で500円、365日で割ると1日あたりは約1.37円となります。

水やりも必要なく、毎日美しい花鑑賞がこの金額で可能です。かなりコスパが高いと思うのですが、いかがでしょうか!

レンデフロールの寿命は約10年間としていますが、日当たりや環境によっては20年間美しいまま長持ちしているというこえも耳に致します。

永いのは花持ち期間だけではありません。流れる時の中で、贈られた側もずっと「感謝の気持ち」を末長く持っていただけると思います。素敵なことですよね。

4500円台から販売のレンデフロールの一覧はこちら

まとめ

レンデフロールの魅力についてご紹介いたしました。
製品のポイントをまとめます。

  • 着色一切なし
  • 価格帯に幅があるので、予算に合わせやすい
  • 高価なようで、実はコスパが高い
  • 見た目がゴージャス
  • ギフトに最適
  • 水やり不要
  • 花の寿命10年以上

ギフトに、ご自身に、お部屋のインテリアに!
プチでもゴージャスでも様々なシーンに合わせて、美しいドライフラワーのレンデフロールをこころよりおすすめ致します。

コメントは受け付けていません。